大田文化の森運営協議会とは

大田文化の森運営協議会とは

「大田文化の森」は、平成10年(1998年)5月に蒲田駅東口に移転した大田区役所の跡地利用について計画された「大田区文化活動支援施設」に関する「構想懇談会」の報告書を基に検討、立案、建設され、平成13年(2001年)11月3日開設された区民の文化活動支援のための中心施設です。
「大田文化の森運営協議会」は、「大田文化の森を区民主体で運営してほしい」という思いを託され、平成13年(2001年)2月に発足しました。その後、正式に平成13年(2001年)11月3日に開設いたしました。
地域文化の振興や文化活動の支援を目的として、様々な企画を運営しております。

施設の管理運営(1階フロントの受付、清掃、警備、設備等)、情報館、貸館の事業運営は、「公益財団法人 大田区文化振興協会」が行っています。 詳しくは、公益財団法人 大田区文化振興協会にお問合せください。http://www.ota-bunka.or.jp/

運営協議会の各種資料

大田文化の森運営協議会会則(平成28年3月制定) 

各年度の事業報告書

平成28年度(2016年度)事業報告書(現在作成中)

平成27年度(2015年度)事業報告書(12ページ)

平成26年度(2014年度)事業報告書

各年度の事業計画書

平成29年度(2017年度)事業計画書(現在作成中)

平成28年度(2016年度)事業計画書(8ページ)